クレジットカードはいつまで使えるの?

クレジットカードの有効期限は意外と長いものです。 さらに、カードの種類によって期間が異なるため、利用者側はついつい有効期限を忘れてしまうものです。 ということで、ここでは、この有効期限が切れそうなときはどうしたらよいのか?を軸に、さまざまな情報を発信していきたいと思います。 もし有効期限が近い方はぜひご一読をして頂ければ幸いです。

基本的には「新しいカード」が郵送される

通常、有効期限が切れる月の中旬から下旬ごろに、新たに有効期限が設定されたクレジットカードが郵送されてきます。 手元に届いたら、新しいカードに署名(サイン)したり、カード番号を確認したりと、基本的な確認を行いましょう。 稀ですが、名前が違っていたりする場合もあるため、決して気を抜いてはいけません。

ともあれ、その後、有効期限が切れた古いカードは破棄します。 破棄についての詳しいお話は後で記載します。

稀に郵送されないこともあるため注意が必要

本当に稀ではありますが、クレジットカード会社の不備があり、なかなか新しいクレジットカードが届かない場合も。 このときは、早急にカード会社へ連絡し郵送してもらうように手続きを行いましょう。 これに気づかずに有効期限の切れたカードを使ってしまうと、当然、トラブルの元になってしまいます。 中には、有効期限当日に、自宅へ直接持ってこさせた強者もいらっしゃるようです。

直前になってあたふたしてもよいことはありません。 このような状況にならないためにも、しっかりと有効期限を把握しておき、郵送されてこない場合にも備えて余裕をもって行動をすることが重要になります。

古いカードは可能な限り「破壊」しましょう

破壊と口にすると何やら物騒なイメージがついてしまいますが、決して大げさな話ではありません。 磁気部分をハサミで切って破棄という方法が浸透している方法ですが、実はこれでは不十分です。 悪意ある人間が、この手のカードを拾ったら、個人情報が詰まったありがたいカードに変身してしまいます。 要は、最近では、カード番号やセキュリティ番号、そして名前の情報があれば、意外とできることがあるのです。 場合によっては、ネットショッピングさえも可能になることも。

ということで、破棄する場合には、可能な限り細かく切る(砕く)ことが大切に。 もしプラスティックも細断可能なシュレッダーがあれば、これに投入することがベストです。