クレジットカードが急に利用停止に?

クレジットカードを普通に利用していたら、急に使えなくなったという経験はありませんか?
特に支払いを滞らせたわけではないのに、カード会社からクレジットカードを利用停止にされてしまう場合があります。この原因となり得るものについて、以下よりお話をしていきたいと思います。

クレジットカード犯罪のとばっちり

簡単にいえば、完全なとばっちり受けてしまった状況です。
昨今、クレジットカードを使った犯罪は、そこら中で起きています。 特に、ネットショッピングなどのインターネットっ上で不正利用する手口が非常に増えている状況です。 理由は簡単で、顔が見えない、サインをしなくてよいからです。 また、ECショップなどの多くは暗証番号を入力しなくてもカード決済が利用できるシステムになっています。

このような不正利用が頻繁に起きているため、クレジットカード会社は不正利用が疑われる利用状況であった場合には、自動的にカードを利用停止にするシステムを導入しています。 特に悪いこともしていないのに、急にクレジットカードが利用停止になった場合、このような不正利用防止システムの影響である可能性があります。

オンラインの高額決済時にも利用停止となる可能性がある

例えば、初めて利用するオンラインモール(Amazon楽天市場など)で深夜0時など変な時間に高額商品を購入しようとした場合などです。 こういった場合に、カード会社の不正利用検出システムが作動して、自動的にクレジットカードを利用停止にする場合があります。

このようなケースはそれほど多くはないかと思いますが、その時期に同じような利用形態で不正利用が頻発し、検出システムの警戒レベルが上がっていた場合には影響を受ける確率が上がります。 不正利用の被害を未然に防いでくれる分には大変ありがたいシステムですが、とばっちりを受けた方からすれば迷惑なシステムでもありますね。

また、購入額とさほど変わらない価格で転売できるような換金性の高い商品、例えば家電製品や新幹線の回数券をいくつも購入すると、カードの利用規約違反であるショッピング枠の現金化と判断され利用停止の措置が取られてしまうこともあります。 どうしてもショッピング枠を現金化したい場合は、カード利用停止のリスクの少ない現金化業者に頼んだほうがいいでしょう。

これはあくまで一例ですが、カード会社やショッピングサイトなどは不正利用の被害を防ぐために様々な手段を講じているため、タイミングによってはクレジットカード犯罪のとばっちりでカードが利用停止となる可能性があります。

利用停止となってしまった場合は連絡を

では、利用停止となってしまった場合は、どうしたらよいのか? 対処方法は簡単で、クレジットカード会社へ連絡して調べてもらうだけです。 事実確認や本人確認のやりとりを行う必要がありますが、カードホルダーの問題のない利用であれば何ら困らない確認ばかりです。 身構えず気楽に連絡するとよいかと思います。

また、クレジットカード会社の判断で「問題がなさそう」と人為的にチェックができれば、カード会社から連絡が入る場合もあります。 「このような利用があって停止措置をさせてもらいました。問題ありませんか?」と。 こちらも、素直に受け答えをしていれば、すぐにでもプロテクトが解除され利用できるようになります。

面倒だけど致し方がない

さて、ここまでの説明で「なぜこんな面倒なことをしなければならないのか?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。 確かに、普通に利用しているだけなのに、勝手に利用停止措置をされてしまったら、決していい気分ではありません。 しかも「このタイミングで支払いをしなければならないといけなかった」という方は、怒り心頭になることは容易に想像できます。

しかし、あまりにもチェックのレベルを下げてしまうと、今度は不正利用されるリスクが高くなってしまいます。 クレジットカードを扱った犯罪というのは、常に紙一重の攻防戦と言っても過言ではありません。 したがって、このようなギリギリのチェックを行っていかなければ、未然に防ぐことができないのです。 絶対に自分の身を守れるというのであれば、強気にクレームを入れることができますが、やはり難しいといえます。

利用者はクレジットカード会社のおかげで便利な決済手段を得られ、クレジットカード会社は利用者のおかげで利益を上げることができます。 持ちつ持たれつのため、ある程度は協力しあって妥協点を探していくことが必要かと思います。 したがって、面倒ではありますが致し方がないというのが現状といったところです。